2019年度 東日本研修旅行へ

10月24日の朝、兵庫県・三宮から東日本研修旅行は始まりました。

今回は11月1日までの9日間と、例年より2日長い日程となっており、日頃ご支援を頂いている愛知県・神奈川県・東京都・山梨県・岐阜県の支援者の方々にお会いすることが出来ました。

名古屋市のパゴダを訪問
名古屋市のパゴダを訪問

今回交流させていただいた、なかよし会、もみの木クラブでは、「自主保育」を行っており、その幅広い子育て方法に驚きました。なかよし会では、畑を平らにする作業をさせてもらい、研修生は率先して作業に取り組みました。特に日頃から農作業をこなすスシラさんは疲れた様子もなく、笑顔で作業を手伝っていました。また、パン食い競争ならぬ“サツマイモ”食い競争にも参加し、研修生は初めての体験となり大盛り上がりでした。

全日本自動車産業労働組合総連合会 贈呈式
2019年福祉カンパ 特別寄贈式の模様

10月29日には全日本自動車産業労働組合総連合会様の事務所に赴き、ご寄贈いただいた「2019年福祉カンパ」の特別寄贈式に臨みました。

研修生は緊張した面持ちで待ち構える中、式は始まりましたが、いざ始まると堂々とした様子で笑いを交えてスピーチをしました。

その後には高倉会長と握手を交わし、拍手喝采となりました。そして無事、式は終了しました。

山梨 愛宕山にて
長野県 高ボッチ高原にて

東日本研修旅行は、私にとってPHDが大切にしている理念「共に生きる」を体感する9日間となりました。

「自身の村を愛し、その村の人たちを愛する」

彼女たちのその村にかける熱い想いが、日を追うごとに増し,その思いに生きるんだという強い情熱を感じることができました。

この研修旅行で出会った支援者の皆様、彼女たちの気持ちと真剣に向き合っていただき、ありがとうございました。

前述した皆さま以外にも、椙山小学校、山崎・谷戸の会、甲府の支援者の皆様、小牧幼稚園、ソロプチミストかがみ野、想念寺、

トヨタ自動車労働組合、ロータリー米山記念奨学会、日本労働組合総連合会、山梨英和中学校、松本教会、塩尻めぐみ幼稚園の皆さま、ありがとうございました。

この東日本研修旅行を通じて、研修生たちは更に成長することが出来ました。

あと残りわずかの研修ですが、最後まで駆け抜けていってほしいと思います。

今回、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL