過去の海外研修生一覧

ロザ
2009年度27期生

ロザ・ノフェルマ

インドネシア / 宗教:イスラム教
研修テーマ:住民組織化, 保健衛生, 協同組合, 口腔衛生, 栄養, 洋裁

西スマトラ州ソロ郡シランジャイ村から3人目の研修生。家族は農業を営み、米、唐辛子、サトウキビ、コーヒーを栽培。同村出身のヘルマさん(2007年度)が始めた保育園で子どものお世話をしている。「村に女性グループを作って生活改善に取り組みたい」と来日。

帰国後は、村の保育園で先生として手洗いや規律などを指導。2011年から村の母子保健プログラムでカデール(保健ボランティア)を始、2014年からタベ村の協同組合で会計担当。2014年に結婚、1児の母。

ペリスマン
2008年度26期生

ペリスマン

インドネシア / 宗教:イスラム教
研修テーマ:住民組織化, 協同組合, 口腔衛生, 有機農業, 養鶏

西スマトラ州ソロ郡シランジャイ村から2人目の研修生。米、バナナ、唐辛子、サトウキビを栽培し、牛と鶏を飼育。時々、大工仕事もしている。「有機農業全般と牛の肥育を中心に学びたい」と来日。

帰国後は、牛の飼育を始め、米、バナナ、サトウキビ、唐辛子などを栽培。村の道路整備プロジェクトにも従事した。近くの町、アラハンパンジャンでの大工仕事もしている。また青年グループのリーダーとして村のためにも活動。今後はシナモンの栽培と販売をし、生活を楽にしたいと考えている。

2007年度25期生

チャユー

タイ / 宗教:キリスト教
研修テーマ:住民組織化, 保健衛生, 協同組合, 口腔衛生, 有機農業, 栄養

チェンマイ県ガラヤニワッタナー郡ノンジェットノイ村(ムシキー)からの研修生。村では米、野菜、果物を作っている。また、アサスマという地域保健ボランティアとして住民の戸別訪問しアドバイスや啓発活動を行う。村びとたちは、農薬を多用することもあり、頭や目の痛み、皮膚病が多いので、「有機農業を中心に豚や鶏の飼育、協同組合について学びたい」と来日。

帰国後は野菜と米を栽培。梅の加工も試みる。アミノ酸や木酢液、土着菌などを作り、自分の畑で利用。また来日前からやっているアサスマの活動を継続し、高血圧や糖尿病、マラリア予防、乳幼児の栄養などについてアドバイスをし、長年村びとたちの健康を守ってきた。近年は以前から関わりのあったミャンマー国境付近の山岳民族の支援に重点を置いて活動している。

ヘルマ
2007年度25期生

ヘルマ・イェニ

インドネシア / 宗教:イスラム教
研修テーマ:住民組織化, 保健衛生, 協同組合, 口腔衛生, 洋裁

西スマトラ州ソロ郡シランジャイ村から初めての研修生。家の農業を手伝いながら、村の子どもたちにコーランを教え、婦人会活動に参加している。「洋裁を学び、服を作れるようになりたい。また、保健衛生も勉強し、子どもや母親たちに教えたい」と来日。

帰国後は、モスクの隣で保育園を始めた。結婚を機に近くのタランバラットへ移ったが、シランジャイ村と行き来をし、小学校の先生をするなど村の子どもたちのために活動。また母子保健プログラムでのボランティアやモスクでコーランを教える活動もしていた。2児の母。現在は病気療養中。

2007年度25期生

ティダ

ミャンマー / 宗教:上座部仏教
研修テーマ:住民組織化, 保健衛生, 保育, 協同組合, 口腔衛生

マンダレー地方域タダインシェ村から8人目の研修生。1993年度研修生のムームーさんが勤める村の保育園で働いている。高校卒業後は村の学校のボランティア先生や保健衛生の普及をする活動にも従事。「学校にいけない子どもたちのお世話や、健康について十分に知識がない村人の役に立ちたい」と来日。

帰国後、引き続きYMCAの保育園に勤務。感染症予防のためにコップやタオルを購入し、ゴミ箱を設置するなど、日本で学んだことを実践。現在は園長先生となり地域の子どもたちを支えている。また村の女性たちの保健グループでは血圧を測り、運動のアドバイス、栄養やマラリアについての啓発活動も行う。また、2010年にできたYMCA保健センターでは、マラリア予防、安全な飲料水の普及などの活動にも従事。

2006年度24期生

ポーディーニャ

タイ / 宗教:キリスト教
研修テーマ:住民組織化, 保健衛生, 協同組合, 口腔衛生, 有機農業, 洋裁

チェンマイ県ガラヤニワッタナー郡ノンジェットノイ村(ムシキー)出身。1989年に発足した村の女性による手織り布グループの推薦を受けて来日。グループ発足初期からのメンバー。布の加工技術やデザイン、グループ運営等を学び自分たちの織る布を幅広く活用したいと来日。

帰国後、ミシンを購入。手織り布グループ「チョディ」の集会小屋に置き、メンバーにミシンの使い方を教える。ミシンを使えるメンバーが増え、ポーチやカバンなどの加工品の製作・販売ができるようになった。布を織ることに加え、近年は家族とともに有機農業に励んでおり、葉物野菜、カボチャ、豆などを育てている。

マスラル
2005年度23期生

マスラル・アリゾン

インドネシア / 宗教:イスラム教
研修テーマ:住民組織化, 協同組合, 口腔衛生, 有機農業, 養鶏

西スマトラ州ソロ郡タラタジャラン村から2人目の研修生。村では米、唐辛子、玉ねぎを作り、牛と鶏を飼育。LESTARIという農業グループのメンバー。肥料づくりを中心に、稲作、野菜栽培、牛、鶏、淡水魚についても学びたいと来日。

帰国後は農業、養鶏、店などをする。村のために、政府から資金を得て道路や灌漑整備などに取り組む。現在は村のリーダー的存在であり、村の幼稚園、協同組合、農業グループで活動している。貧困層の生活改善のため牛の肥育プロジェクトや豆腐工場などのアイディアを持っている。