過去の海外研修生一覧

2015年度33期生

カンチ・マヤ・タマン

ネパール / 宗教:チベット仏教
研修テーマ:住民組織化, 保健衛生, 協同組合, 教育

カブレパランチョーク郡ロシ地区タクレ村から初の研修生。ムクさん(2014年度32期)とは同じ女性地位向上グループのメンバー。9人兄弟の末っ子。しかし他の兄弟は病気や事故で皆亡くなり、今は高齢のご両親との3人家族。幼稚園と小学校で先生をし、一家を支えている。女性の地位が高いとは言えない中、農業グループの副代表、女性グループの会計など、多くのボランティア活動に従事している。「村には医者もいない、診療所もない。私が応急処置ぐらいできるようになり、お金がない人を診てあげたい」と来日。日本では初等教育や保育、応急手当を含む保健衛生を中心に研修を受けた。

帰国後は、現地NGO・SAGUNのローカルファシリテーターとしてヤギ飼育プロジェクトを担当すると同時に、先生としてECD(就学前の幼児教育)センターで教えていた。SAGUNでの活動終了後は、ECDの仕事に専念。子どもたちのためにおもちゃを購入し、ゴミ箱を設置するなど工夫をしている。また、AMDAのプロジェクトに参加し、ロシ郡のECDの先生へのトレーニングを実施。

2015年度33期生

シャフルル( ゾン)

インドネシア / 宗教:イスラム教
研修テーマ:住民組織化, 協同組合, 農業

西スマトラ州ソロ郡カユジャングイ村から4人目の研修生。娘3人に息子1人の父。サトウキビを主とした農業や大工の仕事をしながら家族を養っており、自給用に魚の養殖もしている。農地が少なく、経済的な余裕があるわけではないが、村の治安を守る保安員や、マハットマーという健康体操を教える教室、子どもたちに道徳を教えるなど、ボランティア活動にも積極的。化学肥料や農薬の弊害には昔から関心があり、使用を極力避けている。「有機農業や養鶏、牛の肥育などを学びたい」と来日。

帰国後は、米を作り鶏を飼育している。しかし、妻の体調不良が続いており日々の暮らしは大変。家族を養うために、近くの町・アラハンパンジャンでも農作業をし生計を立てている。

2014年度32期生

ムク・マヤ・タマン

ネパール / 宗教:チベット仏教
研修テーマ:保健衛生, 女性の人権, 有機農業

カブレパランチョーク郡ロシ地区ピンタリ村から2人目の研修生。2児の母として家事をしながら農作業や家畜の世話もし、さらに仕立て屋として地域の女性や子どもたちの服を作っている。女性グループでも活動しており、女性の地位向上に取り組む。「女性グループの強化と幼児の栄養や子どもの健康、田畑の土を元気にする方法を勉強したい」と来日。

帰国後はピンタリ村の住民の生活改善のために尽力。2015年春のネパール大地震で自宅が半壊し、住居をピンタリ村のある山の麓に移す。自身も被災者として大変な苦労をしてきたが、ピンタリ村を含むロシ地区の開発を担う現地NGO「SAGUN」 のフィールドコーディネーターとして、今までに緊急支援、大工トレーニング、住民参加型調査、ヤギを通じた生計向上などの復興プロジェクトを運営してきた。2020年3月現在もSAGUNのスタッフとして多方面で活躍中。

メラティ
2014年度32期生

メラティ・アフリダ

インドネシア / 宗教:イスラム教
研修テーマ:保健衛生, 協同組合, 洋裁

西スマトラ州ソロ郡タベ村から5人目の研修生。2児の母。村では母子保健プログラムでカデールと呼ばれるボランティアワーカを2005年から務め、母子保健、家族計画、高齢者保健などの活動をしてきた。「村の子どもや妊婦の健康や栄養状態を改善したい」と来日。

帰国後も、母子保健プログラムの活動を継続。夫の畑の作業も手伝い、米、玉ねぎ、唐辛子、サトウキビなどを栽培。牛の肥育にも取り組んでいる。

サントゥンウー
2014年度32期生

サントゥンウー(サントゥン)

ミャンマー / 宗教:上座部仏教
研修テーマ:住民組織化, 協同組合, 教育, 有機農業, 養鶏

マンダレー地方域タダインシェ村出身から10人目の研修生。家族は農業を営み、米や野菜の他、仏事に用いる菊なども栽培。村ではお坊さんが運営する幼稚園と小学校で先生もしており、主に幼い子どもたちを担当する。「有機肥料と就学前教育について勉強したい」と来日。

帰国後は、堆肥作りや収穫後のゴマの茎を活用したマルチなど、有機農業を実践。また、お寺の学校の先生も継続。結婚後、僧院学校の先生は辞めて農業に専念。菊やマンゴーを栽培し、所有する大型耕運機で近隣農家の田畑の耕運を請け負う。

プレム
2013年度31期生

プレム・ドジュ・ラマ

ネパール / 宗教:チベット仏教
研修テーマ:住民組織化, 協同組合, 有機農業, 養鶏

カブレパランチョーク郡ロシ地区ピンタリ村から最初の研修生。主に米、とうもろこし、玉ねぎ、にんにく、豆などを栽培し、家畜は水牛、ヤギ、鶏などを飼育。地域の活動に熱心で、農業組合、道路整備、自然保護、小規模水力発電などのグループで活動をする。「若者が都市や海外に出て行ってしまう現状をなんとか変えたい」と来日。

帰国後は、村で有機農業を精力的に実践。農業協同組合の一員として、村人たちに農業を教える。米、トウモロコシ、ニンニク、ジャガイモ、玉ねぎなどを栽培しており、ビニールハウスでのトマト栽培も始めた。

モーママ
2013年度31期生

モーママ

ミャンマー / 宗教:上座部仏教
研修テーマ:住民組織化, 保健衛生, 保育, 健康, 協同組合, 教育, 有機農業, 栄養

マンダレー地方域タダインシェ村から9人目の研修生。家族は農業をしており、米、マンゴー、菊、野菜を栽培。2009年からマンダレーYMCAでボランティア活動に従事し、マラリア予防や家族計画、人身売買などに関する啓発活動にも熱心に取り組んできた。同村の元研修生たちと一緒にシンプルライフというグループ(天然成分のシャンプー作りや安い輸入品ではなく伝統的なお菓子を推進)でも活動。「保健衛生や教育を中心に学び、村のみんなに伝えたい」と来日。

帰国後は、これまでの活動に加え、図書館づくり、ゴミの分別収集などにもエネルギッシュに取り組む。近年は、スラムや孤児院の支援にも関わり、活動地は村から地域へと広がった。薬科大学の事務局に勤務し、帰宅後は村の子どもたちにビルマ語や算数を教えている。今後は村の教育や保健衛生分野での地域活動や、PHDミャンマーの組織力強化などを目標に頑張っていきたいと考えている。

ダリスマン
2013年度31期生

ダリスマン

インドネシア / 宗教:イスラム教
研修テーマ:住民組織化, 協同組合, 有機農業, 養鶏

西スマトラ州ソロ郡カユジャングイ村から3人目の研修生。主に農業をしており、米、サトウキビ、唐辛子、シナモン、ナスなどを栽培する。牛1頭を飼育。ゴトンロヨン(相互扶助)で道を作るなど、地域活動にも積極的。「安心安全な食べ物づくりを中心に勉強したい」と来日。

帰国後は、日本で学んだアミノ酸仕込み(魚の内臓や骨を黒砂糖につけ、その液体を活用する)や唐辛子、たまねぎ、さとうきびの栽培、牛の肥育に取り組む。2017年に結婚、現在は1児の父。村で農業グループを作り、生産物を近郊の町の農作物販売者に売っている。

ランマヤ
2012年度30期生

ランマヤ・タマン

ネパール / 宗教:チベット仏教
研修テーマ:住民組織化, 保健衛生, 保育, 協同組合, 有機農業, 栄養

カブレパランチョーク郡マンダンデウプール地区ガハテ村出身。父、母、弟と農業をしており、米、トウモロコシ、稗、ゴマ、落花生、大豆、ジャガイモなどを栽培。「有機農業や保健衛生を学び、村の人たちの病気をどのように減らせるか勉強したい」と来日。

帰国後は、学校に通い助産師の資格を取得。ネパール大地震後、SSS(バラト・ビスタさんが立ち上げたNGO)で助産師として被災地域を中心に活動。2019年に結婚、現在もSSSのクリニックに勤務。近隣の村の女性グループを巡回し家族計画、HIV予防、栄養管理などを教えている。

アチャンマ
2012年度30期生

アチャンマ・ラマ

ネパール
研修テーマ:住民組織化, 協同組合, 有機農業

カブレパランチョーク郡マンダンデウプール地区ガハテ村出身。他の研修生よりも生活状況が厳しい中、苦労して学校に通いながら農業を手伝う。主にトウモロコシ、小麦、唐辛子、トマト、たまねぎを栽培し、水牛、ヤギ、鶏を飼育。有機農業と協同組合の運営について学びたいと来日。

帰国後は農業をしながら12年生を無事修了。大学進学を希望していたが断念し、カトマンズにある日本語学校で日本語を教える。現在は韓国へ出稼ぎ中。