スタディツアー

アジア・南太平洋の村に泊まり、ご飯を食べ、水浴びをし、子どもと遊び、 家事を手伝い、村を歩いてみましょう。
そこから、村びとの生活の課題、問題、そしてその解決への取り組みを見ます。

観光旅行では経験のできない「もう一歩先へ」

この旅を通して、同じアジアに生きる私たち自身の生活を振り返ってみませんか。

2019年度 PHDスタディツアーは参加者募集を開始しました。

第30回 インドネシア・スタディツアー

医師と行くインドネシア。住民主体の健康コンテストに参加しよう!インドネシアのタベ村では生活習慣病が大きな課題の一つとなっています。PHD協会では、その改善のために地域住民の方たちと協働で健康コンテストを実施しています。約100名が参加する健康コンテストに参加し、インドネシアの農村における健康課題に触れてみませんか?日本のお医者さんが同行してくれるので、現地の医療事情を深く知ることができます。 他にも元研修生が教師を務めるMISタベ小学校での交流プログラムもあります。希望があればあなたが授業をすることも可能です!他にも研修生の選考や住民主体の活動を学ぶことができます。 当会のツアーには日本で学んだ研修達が同行してくれますので、日本語でのコミュニケーションが可能です。

募集人数:13名参加費:189,000円日程:2019年7月17日~7月24日

詳しくみる

第19回 ミャンマー・スタディツアー

2016年4月からアウンサンスーチーさん率いるNLDが政権を担うようになり大きな変化を迎えているミャンマーでのツアー。大阪の大学と共同でツアーを企画しています。 帰国したPHD研修生たちが地域を超えて孤児やスラムの子どもたちのために活動しています! その現場にぜひお越しください。熱気に溢れたミャンマーを体験できます。 元研修生であり現地スタッフのモーママさん(2013年度)、サンティダさん(2015年度)が迎えてくれますので、日本語での交流が可能です!

募集人数:5名参加費:238,000円日程:2019年8月21日~8月29日

詳しくみる

第26回 ネパール・スタディツアー

ダリットはネパール・カースト制度の最下層に位置づけられる人々です。不浄な存在とされており、教育や雇用など様々な面で差別を受けています。今回のツアーではダリットの村でのホームスティや現地NGOを訪問し、ダリットについて学びます。ネパールのダリットの女性たちとの交流を通じて、差別とは何か、そしてその解決の道を一緒に学びませんか?

募集人数:13名参加費:218,000円日程:2019年9月10日~9月18日

詳しくみる

目的

  • 村の生活の体験、村人との交わりを深める。
  • 研修生の活動現場を訪ね、活動の状況を知り、国際協力、開発のあり方を考える。
  • 旅の経験から日本との関係を知り、現在の日本の生活を振り返り、これからの自分の行動を考える。

注意点

  • 当会会員でない方は、会員になりご参加下さい。
    正会員:年間会費1口5,000 円、または友の会:年間会費1口1,000円、終身会員1口100,000円
  • 学生割引: 先着2名に限り、1万円割引有り(詳細はお問い合わせください)
  • ツアー参加条件:参加者当会の趣旨を理解し、旅に適応できる体調の方。小学校高学年以上。